やっぱりふたりがいい!アラフォー独身がひとり旅に出て感じたこと - アラフォーOLの心配事~いつか訪れる介護そしてその後

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりふたりがいい!アラフォー独身がひとり旅に出て感じたこと

縁アラフォー独身がひとり旅なんかに出てしまった日にゃ

普段だって心配なことばかりなのに

さらに道中、いろんなことを考えてしまうわけですよ






先日、ちょっと旅行に行ってきました

もちろんアラフォーひとり旅ですよ^^;

今度、母とも旅行に行きますが、その前にひとり旅してきました

母と旅行に行くのはこの記事でお伝えしましたね
いつまでもあると思うな元気な親と働く社員、無いと思うな運と幸福

行こう!と思った時に行った方がいいです
何事も「やろう!」と思ったらやった方がいいですよ
「思い立ったが吉日」ですから^^

こんな世の中ですし、世界情勢も怪しいですから
先のことなんて見えません
平和な明日がまた次の日もやって来るとは限らないと思うんです

考えすぎですか?
そうでもないですよね

だから最近はやりたいことやろうと思っています
まあ、アラフォーゆえ、いつまでも体が元気かわからないっていうのもありますがね(笑)


そんなアラフォーがひとり、旅先で何をしたかと言うと
行ってみたかったカフェをめぐりました
ネットで見て行ってみたいなと思っていたカフェに
何軒か行きました

森カフェ

お天気に恵まれたので
テラス席(SPF値お高めの下地&ファンデーションで日焼け対策バッチリです^ ^)で
木々の青さや葉っぱがサヤサヤと風にそよぐ様子をのんびり眺めながら
ランチをいただきました

あとは寺社仏閣めぐりです^^

特に趣味というわけではないのですが
木が生い茂っているようなところが好きなんですよね
あとはやっぱり神社やお寺って良い気が流れている感じがして気持ちがいいので好きですね

でもひとり旅は考える時間がたくさんありすぎて、アラフォーさんはいろいろ巡らせてしまいます

親はこれからいつまで元気でいてくれるのだろうかとか
あの物の溢れた実家をどうしたらいいのだろうかとか(T_T)

あとは自分のこと

電車の中
車窓からは田舎の素敵な風景が広がっていました

田植えが終わった田んぼや
様々な果樹の木々
遠くにはまだ雪をかぶった山脈が見えます
この時期の緑と白のコントラストは殊更美しいです

この風景を、誰かとふたりで見ることができたらいいのになって

一緒に「きれいだね」「そうだね」って言いあえたらいいのになって
大切な人がきれいだと思うものが自分と同じだったらうれしいのになって

アラフォーになってからもその前も、結構ひとりで旅行しました
ひとり旅は気楽でいいけれど
何か小さな喜びを発見した時に
誰かと分かち合うことができない
それは、ちょっとさみしい


おみくじ


私は今までは神社やお寺にいってお参りする時
何となく自分のことよりも周りの人のことを願った方がいいのではと思って
家族のことばかりお願いしてきました

でも最近は、自分のことをお願いするようになりました^^
もういいでしょう?そろそろ自分のことをお願いしても
もうあと短いんだから^^

ちゃんと、「いいご縁がありますように」ってお願いするようになりました

長い階段を登って山の上の神社を目指す名所にも頑張って行ってきたのですが
その階段を登る途中も
ああ、ここを「大丈夫?疲れた?」とか言いあいながら登れたらいいのになあと思いながら
それでも一段一段、ひとりで登って行きました

「これ本当に着くのか?!」と思うくらいぜんぜん先が見えなくて不安になったけれど
目の前の石だけ見て一歩一歩登っていたらいつの間にか着いていました

山頂からは、登った人だけが味わえる
素晴らしい景色が待っていました
「頑張って良かったー」と思える、美しい山里の風景が眼下に広がっていました


「2人で歩めば、どんな道もくたびれない」

どこかで見たことがあります

この先、もしできれば
「きれいだね」「おいしいね」って笑って言い合えて
穏やかに一緒に歩いて行ける人に巡り合えたらいいのになってあらためて思ったのです

贅沢なんでしょうかね、アラフォーの地味女には^^

そんなことを感じたアラフォーひとり旅でありました


そして未だふくらはぎの筋肉痛が癒えません…

これだからアラフォーは困るんだよな(T_T)



応援お願いします
にほんブログ村 OL日記ブログ アラフォーOLへ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。