アラフォー独女はツライよ - アラフォーOLの心配事~いつか訪れる介護そしてその後

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラフォー独女はツライよ

ひとりriこの歳になると
大体のことは自分ひとりでできるようになって

あー、ひとりで生きていけるわって思うんだけど

たまーにそうでない時も訪れるのであります





ある日のこと
会社から帰った私は、のーんびりビールを飲み
アイスを食べ、テレビのバラエティ番組を見ながら
くつろいでいたのであります

そうしたら

「ぱっ。ぱぱぱっ」

何だ?

蛍光灯が点滅し始めたんです

え?切れそうなのかな?と思っているうちに
真っ暗になってしまいました

えーうそー?!

テレビの明かりはついてはいますが
薄ぐらーい部屋になってしまいました

蛍光灯を換えなければ

って、蛍光灯なんて買い置きなんかしてないわ!
もうお店も閉まってるし!

そして、思ったのです

そもそもとどかないし

天井高く付いている蛍光灯まで私の背ではとどきません


蛍光灯ri

とりあえず蛍光灯は明日買ってきたとして
取り換えられないではないか!

どうしよう・・・

そう思った私は
彼氏を呼ぶ、ではなく

Amazonを呼びました

Amazonさん助けて~~

薄暗い中、はしごをポチリました・・・

私は背が低いのですが
急なことで慌てていたもので
もし買って天井まで手がとどかなかったら
もう一個買うなんて嫌!
一家にはしご何個もいらない!と思い
大は小を兼ねるとばかりに
写真だけを頼りに、5段ステップのはしごを購入

届くのは2、3日後
その日までキッチンの明かりで過ごすこと決定

そして、2日後の夜、ようやくはしごは届きました


クロネコri


でかっ!!

私は間違ってサーフボードでも買ってしまったのか?!と思うくらいの
大きな段ボールに「彼」は入って来ました

またこれでもか!とピッチリ入りすぎていて出ない出ない(笑)
格闘すること15分
ようやく全貌が明らかに

でかっ!!

何とも大きなはしごが現れたのです

あ、やりすぎた・・・

やっと気が付いたわけです
3段で十分だったなと

ま、買ってしまったものは仕方がない
早速蛍光灯を取り換えます

はしごを担ぐ姿はまるで業者のよう・・・

立派な5段はしごの感触を足の裏で感じながら
恐る恐る一段ずつ登ると
余裕で天井に手が付きました

うん、やりすぎちゃった❤️

「もー、すずたちゃんはおバカだなぁ」なんておでこを小突いてくれる人もいないので(いつの時代だ?)
さっさと交換すべく蛍光灯のカバーを開けたのです

そうしたら・・・

1本しかついてない!!!

えーーー!!!

よーく目を凝らしてみても、何度見ても、1輪っかしかついていないんです!

この部屋に引っ越して2年
照明付きってことで何にもいじくることなく生活してきたわけで
全く気が付きませんでした
おい前の住人!節約し過ぎだろっ!!!

もちろん2本入りを買っていた私は2本とも換えてみました
そうしたら

神様が降りて来てくださったのではないかと思うくらいまぶしい
もしくは100年に1度のアイドルが降臨したのではないかと見紛うほどにまぶしい・・・

おおーい!私は今まで2年間、ちょっぴり薄暗い中で生活してたのかよ!

目が痛い・・・

よくよく考えれば、普通に蛍光灯が2本ついていたら
一気に真っ暗になることはないのです・・・

5段はしごと1本蛍光灯の衝撃の出来事でした・・・


アラフォー独女、できないこともあるんです



アラフォーくらいになると
大体何でも自分で出来るようになるし
みんなができないことについて頼られることも多々あります
何なら男性よりできることもあるわけです

もうひとりで生きていけるんだろうなって思うわけです

でも、何気ない瞬間に
ああ、ダンナさんなり彼氏なりがいたらお願いできるのになって思うことがある

でも、大丈夫!
私には立派な5段はしごという頼もしい助っ人がいる!

天井の掃除も、何なら庭の手入れも(庭なんか無い)何でもかかってこい!

こうやって、ダンナや彼氏がいなくても
代替品でこれからも私は困難を克服してひとり強く生きていくんでしょうね・・・

ダンナや彼氏がいなくても
金で解決!

今回の彼氏(5段はしご)の代金
7000円也


にほんブログ村 アラフォーOLランキングはこちらですよ☆彡







関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。