「介護うつ」にならないためにはどうしたらいいの? - アラフォーOLの心配事~いつか訪れる介護そしてその後

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「介護うつ」にならないためにはどうしたらいいの?

思い悩むri介護を担っている人に重くのしかかる負担

そのためにうつ病にかかってしまう人がいるのです

どうすれば回避できるのでしょうか?





介護をしている中で介護うつになってしまう人が多いのだそうです
介護うつとは、介護を担う人がうつ病にかかってしまうことです

少し前になりますが、2005年の厚生労働省の調査では
介護者の実に4人に1人が介護うつにかかっているというデータもあります

在宅での介護の負担は相当なものです
私たち介護する側がうつになったらどんなに辛いことでしょう
うつによって自分の生活がままならなくなったら親の介護どころではなくなります

ですから是非、介護うつにならないためにはどうしたらいいのか?
ここで考えましょう

では介護うつについて細かく見ていきます


介護うつになってしまう原因



介護うつにかかってしまう原因には以下のようなものがあります


重いストレス


介護者は常に自分を犠牲にして、昼夜を問わず介護を行っています
介護をしていないときでも常に介護のことが頭から離れることはないのではないでしょうか

夜中も排泄の介助であったり、少しでも物音がすれば何かあったのではないかと気になり
様子を見に行かなければならないなど
熟睡なんかできる状況ではないでしょう

休養の一番の方法は寝ることなのにそれがままならず
睡眠不足からうつを発症する人がいます

また、この介護がいつまで続くのだろうという
先の見えないことから生じる不安がストレスになります

子育てならある程度の年齢までがんばればと分かりますが
介護はいつまで続くか分かりません

それに、介護とは大抵は時間が経つにつれて悪くなっていくものです
がんばれば良くなるというものではなく、どんどん辛くなっていきます
そのことに心が耐えられなくなっていくのではないでしょうか

また、介護の費用が足りるのだろうかという経済的な不安もストレスになります


責任感が強い


ひまわりri

元々責任感が強い人が介護を始めると
自分ひとりで何もかもをこなさなければならないとがんばってしまいます

施設にお願いしたり、他人に頼るのは無責任だと感じたり
そういうことに罪悪感を感じたりしてしまうのです

別に周囲が「施設に入れるなんて無責任だ」などと言っているわけではなく
介護者本人が思い込んでしまうのです

周囲が「施設にお願いしてみては?」と言っても
「自分でやれます」と言って受け入れない場合さえあります

そうして本人が気づかないうちに精神的に追い込まれていくのです


相談相手がいない


介護を担う人は介護辞職したり、社会との関係を大部分絶って
在宅で介護することが多いです
そうすると介護について話す人がいなくなります

周囲に同じような状況の人がいない場合
「介護なんて暗い話をしてもいいのだろうか」と
ひとり抱え込んでしまいます

そうやって悩みを周囲に打ち明けられないことで
どんどんうつ状態に陥ってしまいます


看取ったあとの介護うつにも注意



介護うつというと、介護中にそのストレスから患ってしまうイメージですが
最後を看取ったあとに症状が現れるケースもあります

一生懸命親の介護をしてきて介護生活が終わったあと
突然不眠症などの症状に襲われるそうです

時間も精神も費やして親の面倒を見ることが人生そのものになっていて
それが終わった時に、人生の意味や目標を失ってうつになってしまうそうです
一種の燃え尽き症候群のような形なのだそうです


介護うつにならないようにするには



海沿いのベンチに座る女性ri


ある介護士さんの話を読んだのですが

その介護士さんは
「自分の親が介護が必要になったら

絶対にひとりで看るようなことはしない

と言っていました

「施設ならかわるがわる交代で面倒を看ることができる
ひとりでは到底できない。プロを頼って」
と言っていました

施設やサービスにお願いすることは決して親を見捨てることではないと思います
ひとりで抱えすぎることで自分自身にも親にも良くないことが起こります

また、自分がストレスを感じているということに自分自身で気づくことが大事です
あとは、少しでも困っていれば周りに話すことも重要です

話せないようだったら専門家に相談しましょう
専門家は「自分で解決しましょう」なんてことは言いません
そのための相談機関なのですから


一生懸命親のためにがんばってきて
やり切った、これで良かったって思えるまでがんばって
そうしたら心にぽっかり穴が開いてしまって
うつ病になってしまったなんて悲しすぎます

そうならないためにも
介護が始まったら、介護中から公的サービスや民間サービスを利用して
決して自分ひとりでがんばらない介護をしましょう
辛い時にははっきり「わたし、今、辛いです!」と言って周りを頼ることができれば
長い介護生活も少しは精神的に余裕を持って
続けていけるではないでしょうか


にほんブログ村 アラフォーOLランキングはこちらですよ☆彡



関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。