どうする?アラフォー女性の葬儀の服装・持ち物マナー - アラフォーOLの心配事~いつか訪れる介護そしてその後

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうする?アラフォー女性の葬儀の服装・持ち物マナー

パール服装や靴やアクセサリー・・・

葬儀の際に女性が悩むことは
尽きません

どうしたら失礼がないのでしょうか



今日は女性が葬儀の際に気を付けたい
服装関係のマナーを細かく見ていきましょう

私たちの年代になれば、知っていて当然と思われていますからね


洋装の場合のマナーは?




神社の靴


女性の場合、洋装だとブラックフォーマルになりますね

ワンピースやスカートの丈ですが、座った際に膝が出ないような
気持ち長めの丈の方がいいでしょう

裾は少し広がったフレアタイプがいいですね
葬儀の際には立ったり座ったりが多いのでタイトだと動きにくいです
あとフレアタイプの方がシワになりにくいでしょう

素材はオールシーズンタイプならどんな季節にも対応できるのでいいですね


ストッキングは基本黒ですが、お通夜では肌色でもいいとされています
でも、遺族側でしたらちゃんと黒の方がいいでしょう
ちなみに、必ず試しに一回はいて、透け感をチェックしておいたほうがいいですよ
そうしないと私のように失敗します・・・


失敗した時の記事はこちら↓
女性なら気を付けたい 私が経験した葬儀の身だしなみに関する注意点


言うまでもなく柄の入ったものはやめましょう
タイツも良くないです
もし冬だったら寒いけど我慢しましょう・・・


靴は飾りや金具のないプレーンなパンプスがいいです

素材ですが、本来なら殺生を意味して死を連想することから
革製ではなく布製がいいとされていますが
なかなか布製のパンプスなど見つからないので
革製でもあまり光沢がないようなものなら大丈夫でしょう
なのでエナメルやスエード素材は避けましょう

ヒールの高さは3cm~5cmくらいのものがいいかと思います
あまり高すぎると、お通夜や葬儀・告別式は立ったままのことも多いので
足が疲れてしまいますし、低すぎてもカジュアルな感じになってしまいます
3cm~5cmくらいがちょうどいいのではないかと思います


尚、葬儀が冬の場合もあるかと思いますが
コートの素材にも気をつけなければなりません
こちらも殺生を意味するような素材はNGなので
毛皮や革など生き物を連想させるような素材はいけません
色は黒や紺など地味な色のものにしましょう
シンプルなものを一着持っておくと
いざという時に慌てなくて済みます

併せて、マフラーや手袋の素材も同様ですので気を付けましょう


もし喪主を務めることになったら




最近は遺族側で年配の女性でも、お通夜も葬儀・告別式も洋装の人が多いです
ただ、もしあなたが喪主を務めるようなことになったら
本来なら和装の正式礼装で臨む方がいいのかもしれません

和装の場合は、その季節に合った素材のものを着ることになります
半襟、足袋、じゅばんは白で、それ以外の帯、帯締め、帯揚げ、草履、バッグなどの小物は黒で統一します
和装の場合もバッグや草履は布製が正式になります


家紋を確認しましょう


着物は紋の入ったものになります
家紋は実家の女紋か、婚家の家紋を入れます
なので、もしレンタルする場合は家紋を必ず確認しましょう
あなたは自分のおうちの家紋知ってますか?


小物にもマナーがありますよ




傘


服装以外の小物類にもマナーがありますので気をつけましょう

◇バッグ

黒の弔辞用のフォーマルバッグを用意しましょう
フォーマル売り場にたくさん並んでいます

これからは年配になっても使えるようなデザインの方がいいかもしれません
大きなリボンが付いているとか、あまり可愛すぎるデザインのものは恥ずかしいです・・・
大きさも、大きすぎず小さすぎず、ちょうど良い大きさがいいでしょう
あまり小さすぎるとハンカチ、お数珠、財布など、結構入れたいものがあるのに入らないということがあります

そういう場合の為にサブバッグがあった方が安心です
これもフォーマル売り場に売っています
本当にお弁当を入れるサブバッグしかない・・・とか
雑誌の付録しかない・・・とか
紙袋・・・というのではちょっと恥ずかしいですからね

◇アクセサリー

アクセサリーはつけても良いのですが、涙を連想する白のパールが基本で
一連のネックレスもしくは一粒タイプのイヤリングやピアスのどちらかを選びます
黒のパール、ブラックオニキス、黒珊瑚でも大丈夫ですが
ピンクパールやダイヤなど、華美なものはいけません
また、二連のネックレスは「不幸が重なる」という意味から厳禁です

◇髪型

長い場合は下の方でまとめるようにしましょう
短い場合もなるべく邪魔にならないように留めるなどした方がいいでしょう
飾りは華美にならないように
シンプルな黒のゴムやピン、あっても黒の小さめのバレッタくらいにしましょう
その際も光沢のあるものはいけません
布製などが良いでしょう

◇その他の小物

ハンカチは白の無地か黒のフォーマル用にしましょう
色物のハンカチはいけません

あと、忘れがちなのが傘です
雨の場合もあるでしょう。
女性だときれいな色のものしか普通は持たないかもしれませんが
葬儀ではやはり地味な色でなければなりません
ビニール傘っていうのもちょっとね・・・
黒、紺、グレーなど地味な色の物をひとつ持っておくと安心です

香りにも気を付けて



香水


あとは女性ですと普段香水を付けている人も多いかと思いますが
葬儀の際は控えましょう
香水は、お香が焚かれるお通夜や葬儀・告別式の場では相応しくありませんので
気を付けましょう



葬儀における女性の服装マナーっていろいろありますね
揃えるものもたくさんあります

これらは普段は使わないアイテムではありますが
そういう服や持ち物こそ上質なものを持っておきたいものです
黒い服や小物はランクで本当に色の深さが違うので
善し悪しが分かってしまいます
パールも良いものを持っておきたいですね

普段使わないからとなんでもいいやという感じで用意したものでは
何となく気が引けるのではないでしょうか

いざという時に上質なものを身に付けて
自信を持って振る舞える大人の女性になりましょう



応援お願いします
にほんブログ村 OL日記ブログ アラフォーOLへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。