介護離職することになったらという不安 - アラフォーOLの心配事~いつか訪れる介護そしてその後

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護離職することになったらという不安

悩む女性介護離職が大きな社会問題になってますよね
介護を担うためにこれまでの働き方が続けられなくなって
仕事を辞めないとならないということです

もし親の介護が始まってしまったら
あなたは今までと同じように仕事ができるのでしょうか

介護となったらやっぱり辞めないとならないのでしょうか



今や介護を理由に仕事を辞める人は10万人以上だそうです
多くの「働き盛り」と言われる世代がやむなく辞職を選択しているということです

これを支援すべく法律的には「介護休業」という制度があります

「育児・介護休業法」と言い
要介護の家族1人につき最大通算93日取れるそうです

あと年間5日まで「介護休暇」という制度もあって
例えば買い物や通院の付き添いとかの時に
使えるらしいです
有休みたいなものですね

さらに残業を少なくしてもらえる制度や
時短勤務制度・フレックスタイム制度などもあるようです

産休や育休と同じような制度ですね

でも
産休や育休に比べると取得している人は少なく
全く制度を利用できず
会社を辞めてしまう人の方が圧倒的に多いようです

実際度々休暇を取っているようでは
申し訳なくなってしまうのかもしれません

それと産休育休と異なるところは
いつまで続くかわからないことです

子供は成長すれば手がかからなくなりますが
介護は終わりが分かりません

ずっと頑張らないとならないのです



そして
地方から出てきている私は
やっぱり辞めて帰らないとならないんでしょうね

兄弟達もこっちに出てきてしまっているし
それぞれ自分の家庭もあるし
やっぱり担うのは私なんでしょうね

母親が良く言ってました

「一緒に住むなら娘がいいねえ」って

ま、これは娘夫婦と同居したいの意だったんですが
未だ叶わずでごめんなさい

ちょっと逸れましたが

やっぱりそうなった時は
私が戻って介護してくれると
思ってるんでしょうね


もし実家に帰って介護をする場合
実家の近くで仕事を探すことになります

介護の時間を確保するとなると
正社員としては働けず
パートタイムでの仕事になるでしょう

そうすると
正社員で働くよりも大幅に収入がダウンするわけです

さらに言うと
もし
介護が終わった時に
私はいくつになっているのでしょう

その時には
正社員で再就職なんて
できる歳ではないのです

ずっとパート勤めで
生活はぎりぎりになっているかも知れません


将来のことを考えると不安でいっぱいになります


でももしその時が訪れるまでに
自由な稼ぎ方ができていたら
金銭面の心配だけでも解消されていたら
お世話に集中できるし
十分な介護サービスを受けられて
あなたにも精神的・時間的余裕ができるのでは
ないでしょうか

在宅介護になったとしてもヘルパーさんやデイサービスを利用して
頑張りすぎない介護ができるかも知れません

その方が親にとってもありがたいのではないでしょうか

あなたにばかり負担をかけ続けることが
心苦しくなるのではないでしょうか

親子だとお互いイライラして
心無い言葉を発してしまうこともあるでしょうが
それも金銭的不安がなければ
少しは解消されるかもしれません


それを叶えるには
アフィリエイトをおすすめします

アフィリエイトは
あなたを金銭的不安から
救ってくれます

あなたも
アフィリエイトで
自由な稼ぎ方を目指しませんか?



参加してます
にほんブログ村 OL日記ブログ アラフォーOLへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。