「混合介護」って何? - アラフォーOLの心配事~いつか訪れる介護そしてその後

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「混合介護」って何?

田んぼ「混合介護」ってどういうこと
なのでしょう?

「混合」って言うけれど

なにとなにが「混合」なのでしょうか?


「混合介護」とは

介護保険が適用になるサービスと
介護保険が適用できないサービスを
組み合わせて同時に行うことです

例えばどういう場合なのでしょう

以前
介護サービスにはどういうものが
あるのでしょうという記事を書きましたが

その時の記事はこちら↓
自宅で介護することになったらどんなサービスが受けられるの?


公的介護保険サービスでできるのは
あくまでも介護対象者に対しての
お世話だけなのです

なので
介護対象者である
おばあちゃんのお世話はできるけれど

一緒に住む
おじいちゃんのお世話はできないわけです


家族のお世話は同時にできない




朝食


だから

おばあちゃんの食事は用意できるけれど
使ったお茶碗は洗えるけれど

おじいちゃんのごはんは
作ってあげられないのです
おじいちゃんのお茶碗も
洗ってあげられません

一緒に作ってもらえたら楽なのになあ
一緒に洗ってもらえたら助かるのになあ
と思っても
ヘルパーさんはやってあげられないのです

きっと
ヘルパーさん達も
歯がゆい思いをしているのではないでしょうか

ごめんねおじいちゃん
と思っているのではないでしょうか

これは一例で

大掃除や飼い猫の世話
庭木の手入れや草むしり
病院での待合中の付添・・・

お年寄りが誰かにやってもらいたいことは
まだまだたくさんあるでしょう

本当はこういうこまごまとしたことを
やってもらえると助かると思います

でも
これも一緒にやってもらえたらいいのになあ
ということが
介護保険の中だけでは
手を出せないわけです

それを解消するのが
「混合介護」なのです

そして介護事業所にとっても
介護保険外のサービスを
積極的に打ち出すことで
収益を増幅させることができます

そしてそれは
働く介護職員の処遇改善にも
つなげていけるのではないかと
言われており

他業種への人材の流出を
防げるのではないかと言われています


ただし費用は全額自己負担




老人の手


ただし
これは介護保険外となりますので
当然
別料金が発生するわけです

介護保険適用外の
サービスは
全額自己負担になります

介護事業者は自由に価格を
設定することができます

良いサービスを受けるには
高い費用が必要となるわけです


ですから
介護に対する資金は今のうちから
作っておかなければならないと思います

親のためにも
自分の生活のためにも

でも
今の収入だけで
間に合うでしょうか

自分の老後の資金も
確保しなければならないのに


だから
今のうちから
会社に依存するだけでなく
自らの力で
稼ぐことが重要になってきているのです

最近
副業を認める会社が出てきています

そういう会社でなくても
副業をして
自己防衛する必要は
あるのではないでしょうか

副業ダメっていうけれど
では会社は社員に何かあった時に
全部の面倒を見てくれるのですか?

福利厚生や社会的制度の中だけで
それぞれの社員が置かれている苦しい状況の
全てに対応してくれるのですか?

会社は最終的には
全部を守ってくれるわけではありません

だから自分のことは
自分で守らなければならないのです


そのためには
知識をつけ決断をしなければなりません

未知の世界へ飛び込むのは
勇気が要ります

それは知らないから
知らない世界だから怖いだけ

知ったら
知ってしまったら
なーんだこんな感じだったのかって
どうしてあんなに怖がってたんだろうってなります

私がそうでした

だから
あなたにも知るだけ知ってほしいなって
思うのです

知ってから
判断すればいいんじゃないでしょうか

知る前から怖がってたら
もったいないなあと
思うのです


仲間が増えるといいなあと
思っています


参加してます
にほんブログ村 OL日記ブログ アラフォーOLへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。